しがない作家志願者のあがきとモガキ

タイトルの通り、日々のあがきとモガキです。後は、作品をたまに上げてみたり、紹介してみたり。かな

初ゲラ!!!〜初校閲は不思議がいっぱい〜

出版社から原稿が返ってきた。

生まれて初めてのゲラである。

この日を待ちわびていただけに、ドキドキとワクワクが沸き起こる。

小説を書きがむしゃらにやってきただけに、目指せ出版ってとこがあったので、事前に校閲たるものはなんだろうな? とリサーチがてら、下のドラマを楽しく観たりはしていた。

www.ntv.co.jp

 

(サイト内にある【「校閲者」のお仕事】も勉強になった)

 

 

しかし、返ってきた実物のゲラには意味不明な記号がいっぱいでもうタジタジ。

先ずは検索だ。

 

文章中の言葉が丸く囲われ、その横に書かれた不思議なメモ。

【トルorてて】

トルはなんとなくわかった。orも理解。

……てて?

こちら、【てて】ではなく、ママでした。

 

校正の際、固定用語は記号扱いでカタカナ表記されるらしい。

 

トル は取る(不要)

or  は~か~

ママ はそのまま

 

つまり、〇で囲った言葉を「取ってしまうか、そのまま使うかどうする?」との意味合いのようだ。刷り上がった文章にメモは手書き鉛筆で残すので、ダラダラ書くと見えにくいためこういった表記になる。

 

本当の絶対直さないといけない誤字脱字等は赤ペンで表記。こちらはドラマ内でも紹介されていた。

また、たくさんの付箋にはドラマさながらの指摘だしや質問があり大いに興奮を覚えた。

脳内ビジョンには石原さとみちゃんがもう大活躍状態。

石原さとみちゃんかわいいです。

f:id:maro6:20181216032905j:plain

 

また、説明し過ぎとの指摘もあった。

部屋にA君B君の二人きりで向かい合って座ってる。この状況の文章に続く流れで

【目の前のA君に視線を戻した】

と記したけど、この場合二人しかいないので『目の前』は不要とのこと。

なるほど。

 

なるべく状況が読者に伝わるようにと細かく意識的には書いていたけど、一歩引いてこういった説明過ぎな個所の引き算も大事なんだなと思えた。

普段は一度ザックリ完成した物語をより丁寧に心情や状況を追記(足し算)作業が多い分、引き算という意識に欠けてる部分があったな。と勉強になった。

 

あと、今後とも注意していきたいのは、漢字とひらがなの使い分けについて。

今回の目立った直し。

 

漢字へ変更

くん    → 君 
そば    → 傍 
そらす   → 逸らす

 

ひらがなへ変更

丁度    → ちょうど
凄く    → すごく
良かった  → よかった

~風    → ふう
掛ける   → かける
下さい   → ください
勿論    → むろん
事も    → こと 

出て行った → 出ていった
出来た   → できた 

無い    → ない 
分かりやすい→ わかりやすい
分かった  → わかった
直ぐも   → すぐ 
貰った   → もらった
身体    → 体
通り    → どおり
言(う)えば  → い(う)えば 
沢山    → たくさん 

居ない   → いない
その通り  → そのとおり

 

読みやすい文章は『ひらがなが主体』ということらしい。

以前どこかのサイトで友達以外の複数形の達はひらがなの方が読みやすいという情報を見ていたため、敢えて【私達】→【私たち】としていたのだけど、校閲では【私達】に変えるようにチェックが入っていた。うーむ……。

 

今回の物語は一人称の形をとっている。

一人称の場合三人称(神視点)とは違い、俺は・僕はのように、主人公のキャラの性質が口調となり文章に現れるところがキャラクターが生きる良さだと思っている。

真面目だったり、不器用だったりすると固い言葉をつかったり、柔らかい人柄だと、柔らかな言葉になったりなど。

 

この物語の主人公は優しく明るく人の良い若者の介護士さんである。

文中に【お金を払い】という言葉がありその お に○がされていたり、【入居者さんの顔と名前を把握するのが最初の仕事】の さん にも○がついていた。

しかし、【金を払い】に直すとなると、なんだか殺伐とした印象になるし、【入居者】と言ってしまうのもやはりキャラじゃないので、ママを通すことにした。

石原さとみちゃんごめんなさい。

 

初めてのゲラには戸惑いが盛りだくさんではあったけど、勉強になることもたくさんあった。

指摘出しにより、追記説明を入れ、新たな伏線も生まれたりとやっぱりワクワクがいっぱいだった。

 

校閲者さまありがとう。

二週目のチェック。どうぞよろしくお願いします。

 

文章の書き方を再確認してみる

f:id:maro6:20181206220230j:plain


文章を書いたり、物語を作るにあたって、わたしはかなりその場のテンションに左右される。なにか思いつくとドンドン溢れ出すように思考が冴えわたり、次から次へといろいろな書きたいことが収拾つかないほど出てくる。

しかし、テンションが落ちると一気に書けなくなってしまう。

実に困った性質だ。

 

それは置いておいて。

先日、下のブログを拝見し興味深かったので、自己診断やってみようかなって思う。

 

3つのタイプの文章の書き方

3つのタイプの文章の書き方 - めんおうブログ

 

テンションの高い時を思い返してみる。

丁度この前、相方さんと話をしていてた時も凄い勢いでテンションが高かった。

 

相方さんが職場で仕入れたあるリアルな一人の男の人生の話をしてくれた。

男が巻き込まれた事件とその結果。家族間のこと。自分の起こした行動、これからのこと。

 

その男には娘がいて、わたしは娘の方に着目。

娘からその事件を見ることで、感じる心情が次々に想像として生まれ出てきた。

自分でもびっくりするくらい。

 

そして、もしこれが息子だったら? で更に想像を膨らませたのだ。

状況から心情を想像し、また状況から更なる細かい背景を想像していく。

息子の悩みと、それを解決へと導く出会い。出会いの中で発生する迷いと葛藤。そして結末まで。

 

 

表現の過程って、大まかにわけると3タイプあるんです。 まず一つは「植物型」 。 自分の中にあるエネルギーがまるで植物の枝葉が空に向かって伸びていくように発露するタイプで、着地点を決めずに自由にのびやかに書いていく人。 もう一つは「洞窟型」で、洞窟を掘り進めるように、一行一行、頭の中に浮かんだことを文字にしてみては、考えて、また文字にしていくというタイプの人。 そして三つ目は「写真型」。 このタイプの人は書く前に最初から終わりまで、一枚の風景写真みたいな感じで頭の中にバッて浮かんだものを、一つ一つ言葉にしていくタイプです。 もちろん複合型もあるし、これ以外の型もあると思います。

3つのタイプの文章の書き方 - めんおうブログ

 

 

話を聞いた途端、まずとった行動は植物型だと思う。

そして、その想像を掘り下げていく洞窟型かなぁ。

心情表現や情報伝達の細やかな作業は写真型な気もする。

 

結果複合型?

 

まぁ、こういう自分の書き方を掘り下げてみるのも、スキルとして今後の役に立つような気がする。

登場人物の命名に苦戦

今までざっと数え八十くらいの物語を書いてきた。短編合わせばもっといくかな。

発表済み、未発表、未完結。七年もやってるから相当な数だと思う。

もしかしたら実は百の大台に乗ってるかも。ちょっと自分でもビックリ。

 

この前、物語を作る上でかなりお役立ちな理論を紹介しているブログを見つけた。

 13フェイズというそれは、物語の構成理論らしい。

そもそもフェイズという言葉を知らなかったので、調べると『発達、変化するものの段階や局面を指す』だそう。

プロットを書く際にもチャートとしてとても役に立つ優れものです。

 

詳しくはこちら↓

ストーリーがぶれない「13フェイズ」理論

ぶれないストーリーの作り方・13フェイズ - がんべあの「ぶれない」キャラクター&ストーリーの作り方

 

即、相方さんにお知らせ。

早速13フェイズを当てはめ執筆が滞っている作品の一つに当てはめて考えた。

相方さんと協力プレイだ。

改めてチャート式で流れを振り分けていくと、面白味として抜けていた場所などを確認出来て、さらにそれについて深く考えることができた。

やっぱり優れもの。

順調にプロットが仕上がり、充実した時間を過ごせた。

さて、いよいよ。

書こうぞ! というところで発生するのがキャラクターの名前だ。

こうも大量に物語を書いていると、いつも困るのが登場人物の命名である。

もちろんこちらも優れたお助けアイテム。

 

namegen.jp

 

なるものを使わせてもらってるにもかかわらず、命名するのは本当に時間を食う作業なのだ。

【名は体を表す】

この言葉は真理だなと結構本気で思っている。

ことに小説となると、登場人物のイメージを伝えるのは本文中の登場人物の外的特徴の説明、セリフや行動、考え方だけで示さないといけない文字の世界。

当たり前のことだけど、ここに名前という常に上記の文章にセットとなる表記にもやはりイメージを伝える役割りがあった方がより読み手に愛着を感じてもらえるし、世界にも入っていきやすいんじゃないかと思う。

 

昔、まだ書き始めだった頃。

登場人物が二人の小さな世界の物語を書くにあたって、「僕」「彼」の人称代名詞を使っていた。

物語によって今でも人称代名詞だけでいい。

そう思う物語もあるのだけれど、ある物語を出版社に投稿し講評を頂いたところ。

『登場人物たちのキャラクターを明確に打ち出したい。日記に出てくる主人公と件の息子に名前が必要である』とハッキリ告げられた。

物語は主人公が古い日記を読み、日記に書かれた過去の人物と自分たちを重ね合わせるといった内容で、物語のメインは日記の中身という物語だ。

現実の部分を三人称で書き、日記の部分を一人称で書く。

一人称で、さらに日記だということもあり、「俺」と「彼」という表記にしていた。

 

確かに人称代名詞ではふわっとして、キャラクターのイメージは伝わりにくい。三人称で名前を付けていた登場人物にくらべ、印象が薄い。

 

キャラクターとしての印象を重視したい派としては、名前の持つイメージもこだわりたいのだ。

 ボーッとした天然の子に、勝司《かつじ》とかイメージを混乱させてしまう。

やっぱり穏やかでいて、優しいイメージを持たせたい。

 設定として名前にコンプレックスがあるというキャラなら敢えて真逆のイメージの名前を付けるのはいいと思うけど、そういった設定上の物がないのであれば、キャラクターの持つ性質に合わせた名前がいいに決まってる。

 更に言うなら、あだ名で呼ばれるキャラだった場合。響きも重要になってくる。また、主人公にはそれなりの名前を付けてあげたいし、飛びぬけてキラキラネームなのもイメージを壊しかねないので避けたい。

そんなこんなも加わり、大量の物語。キャラ名が被るのを避けようと思えば、人名生成パターン数が日本の名前だけで10億を誇るお役立ちサイトを駆使しても、相当困るのだ。

 

執筆前の悩みの種である。他の人はどうなんだろう……。

 

 

因みにこちらが設定上、人称代名詞を敢えて使った短編。

estar.jp

 

 

 

 

 

 

リアリティを磨くスキルの発見

 前回リアリティについてブログを書いた。その日にsnksnksnkさんのブログ、以下の記事に巡り合えた。

もちろんスターをポチポチ押し、即、読者登録。

 

念のため言っとくと「リアル」と「リアリティ」は違う。 実態がどうあれ、「実態に近いのではないか」と読者に思わせるのが「リアリティ」だ。 キャラクターにリアリティがあるというのは、本当に凄いことなのだよ。 「彼らが実際に生きて、考えて、行動している」ように思わせてしまう。

腰乃「鮫島くんと笹原くん」-日常描写の卓越したリアリティ- - 漫画の話をしましょうか

 

自分の武器はリアリティだと書いたけど、snksnksnkさんの言葉に衝撃的な感銘を受けた。

もっと具体的な本質をクリアに垣間見せてくれた気分。

 

”彼らが実際に生きて、考えて、行動している”

 

この言葉は自分の中でもあったのだけど、

 

”実態がどうあれ、「実態に近いのではないか」と読者に思わせるのが「リアリティ」”

 

『思わせる』がポイントなのだ。

snksnksnkさんのこの記事に以下の文が続く。

 

”「ストーリーの進行上、無くても特に支障は無い」エピソードが満載なのだが、これがとても効果的。こういうところにリアリティって出るよなあ。”


”言い争ってるうちにロッカー叩いちゃったら、ロッカーが倒れてきて「さあ大変」なシーン。
これ別にロッカーが倒れてこなくても話の進行上問題は無い。
でも、倒れてきたほうが断然面白いし、リアリティが増す”

 

物語上のエピソードとしては一つのそれに肉付けされたとても小さなものだけど、一つの出来事に並列な関係でワチャワチャやってることがこの物語の核に通じるエピソードだと考える。

なにせ、この二人は告白した方と告白された方ではあるけど、どちらもノンケで友達関係で、その後のエピソードも一緒にワチャワチャやりながらのお初同士だから。

 

この小さなイベントはとても肉付けとして素晴らしいものだと思う。

 

自分自身何が書きたいのかを明確に理解できていて、メインの流れに肉付けしていく効果的な表現。そして、さらにその表現を持って、読者にキャラへの愛情を持たせるというスゴ技。

 

やっぱ腰乃さんは凄い。

 

自分の小説の書き方はメインの流れを書いてその後すべてを把握した上で、メインの流れにより読者に伝えるべき心情的表現を追記する作業はよくするのだけど、こういった小さな肉付けエピソードを加えるというは発想にもなかったこと。

これからの自分の武器磨きに役立つスキルだと思う。使いこなせるようになるまでが大変だけど、そういうスキルを知識として見つけただけでも大いなる一歩。

とても勉強になった。

 

これを気づかせてくれた腰乃さんとsnksnksnkさんに激しく感謝です。

 

 

鮫島くんと笹原くん (マーブルコミックス)

鮫島くんと笹原くん (マーブルコミックス)

 

 THE男子なキャラクターがとても良い。

 

新庄くんと笹原くん1 (マーブルコミックス)

新庄くんと笹原くん1 (マーブルコミックス)

 

 弟編も可愛いです。

 

 

 

 

 

自分を知り、手持ちの武器を把握する

創作をしていると、色々な欲が湧き出てくる。

初めは純粋に書きたいものを書いて、頭の中で何となくふわっと浮かび上がった世界の切れ端が生命が芽吹いていくかの如くパーッと色を付け広がっていく感覚に素晴らしさと快感を得て、想像の世界をリアルな一つの人生にする事をのみに夢中になってそれだけで満足していた。

世界を発表し、読んでもらったことに、感想をもらったことに喜びを覚え、より励み公募へ挑戦する。

あるあるだし、モノづくりをする以上そういった向上心は持つべきだと思う。

でも、その過程でぶち当たってしまう壁がある。

ウケや需要だ。

自分に芽吹いた世界の表現だけでなく、そう言ったものによく悩まされてしまう。

レベルアップすれば、当然自分を取り巻く世界も広がっていくから当然なことで。

作品をより優れたものに仕上げたいと思うからこそ、視野を広げ見渡し、このトラップに陥ってしまう。

世間に認められ、世に出るということはウケたということなんだから。

でも、世間の好みに合ったものばかりが出回っても、それはありふれたものであり、価値が下がる。いずれ飽きられ別のブームとなるウケがやってくる。

結局「面白い」とされる作品、人の心を打つ作品は……いやいや作品と呼べるものは下の記事に書かれてるように、その作者にしか書けない唯一の世界なのだ。


monokaki.everystar.jp

上のサイトより引用 

 「おもしろい」小説を書くためには、何を武器にしますか? 「これだけは誰にも負けない!」というアピールポイントがありますか? 

 

ということで、自分の持ってる武器を見直してみようと思う。

読者様から頂いた感想によく見られたのが、

 

『映画を観ているような、その場に居合わせてるように物語の中に入り込んでしまいます』

 

非常にありがたいお言葉。素直に嬉しです。

振り返ってみれば「なるほど」と納得できる。

前回の記事でも書いたように、わたしは読書ではなく映画で育った人間で。

作品の見せ方という点で小説は文字でできているけど、ビジュアル的要素が大いに占めてると思う。

次いで言えば、キャラの心情は単純な一言では言い表されないものだとも思っていて、色々な要素を含む、複雑な想いをキャラの感じている空気や、目に見えているモノ、主人公の状態で表現しているからだと思う。

自分でもこれは常に持っていたい武器の一つだ。

それに、前の記事で書いたアレルギー反応(寝てしまう)を引き起こす小説もビジュアルより状況をダラダラ綴ったものだったと思う。 

 

相方さんから頂いた言葉がこれ。

 

『青春の瑞々しくて痛々しくてキラキラ輝いた感性』

『繊細で一途な主人公。静かな世界は心の琴線に触れ、苦しいような切なさを連れてくる』

 

自分自身が大人になり切れてないというところもあるだろうけど、逆にそこが武器になってると思う。

相方さんは真逆で凄く大人な物語を書く人。だったりするから、自賛ではあるけど我々のコラボはとても塩梅がいいはず。

脱線してしまったけど、わたしが書くキャラ(登場人物)は人間臭い。

完璧な人なんてこの世にいないし、完璧な人より人間臭い人の方が生き生きしているし、カッコ悪く泥臭い方が面白いと思う。だからそんなキャラが物語の中で悪戦苦闘し、何かに気付いたり得たりするから物語になるし、それこそがむしろカッコイイとすら思う。

なのでキャラをドンッと苦境に陥れ、自分を曝け出させ存分にもがいてもらう。

 

『純粋に登場人物に同化し、そこから紡ぎ出される文章には綺麗ごとだけでないリアリティを感じる』

 

つまり、自分の武器はコレ。リアリティなのだ。

まさに、自分の意志と合致している。

素人臭いだろうけど、わたしは一人称で書くのが好きだ。なんせ、リアルだから。

キャラ目線で感じたもの、その世界で流れる時間を読者として共有できる。

共有は共感を呼び、それが読者の中でリアルになる。

 

このリアリティをもっともっと意識して高めていき、自分でしか書けない小説を書いて行きたいと思う。

文章書きたい症候群中のとある作家志願者

たまに無性に文章を書きたい衝動に駆られることがちょこちょことある。
そういう時は大概仕事に向かう道すがらだったりする。
書けない状況下にある時に、この発作が発動してしまうからなかなか厄介。

どうやら自分はなかなかの天邪鬼であり、そこそこめんどくさい人間のようだ。
物事を考える作業は結構好きなんだけど、その作業は得意なわけじゃなく、しかもかなり素人だ。文章を書くならちゃんと起承転結。面白おかしくエンタメに。したいところだけど、自分は定型を持たない散文派。韻を踏んだ言葉遊びは好きではあるけれど、オチにこだわるのとかはあまり好きじゃない。そういった知識も薄弱なのだ。

子供の頃の自分は親の目を盗んでは家を飛び出していた。別に悪ガキだったわけでもなく、ただ単に元気がよかっただけ。読書するより公園を駆け回っていた子供時代のつけが回ってきたのかなと思う。
当時は字を読み始めると五分で寝息を立てていたほど。つまり、読書に全く縁のない生活をしていた。わたしには姉が一人いる。この姉というのが自分とは真逆で自称活字中毒者。本が大好きで子供のころから難しそうな小説をたくさん読んでいた。時が経つにつれ、難しそうな小説の他にも、姉は漫画やエッセなんかも読み始め、新聞はともかく広告の文字でもいいとまで言いだす始末。読んでいると中身はなんであれ落ち着くらしい。今は図書司書を仕事にしている。まさに天職なんだろうな。
そんな真逆の姉の影響もあり、映画には興味があった。
姉とは五歳も離れているから、子供時代一緒に遊ぶとなると映画を観るくらいしかなかったからかも。夏休みなんかはビデオレンタルにチャリンコで行って店内の涼しさに「ハァ~」となりながら、借りるビデオを二三本まとめ借りし、また炎天下チャリンコ移動で家に帰り家のエアコンに「ハァ~」となった。そのヒンヤリした空気の清々しさは未だ鮮明に思い出せる。

ともあれ、映画好きは物語好きに通じていたらしい。大人になったわたしは小説の投稿サイトに物語を作り、投稿している。

きっかけは、外遊びばかりし過ぎて趣味と呼べるものを全く持ち合わせず大人になってしまい、無趣味故にネットサーフィンに明け暮れて、辿り着いたのが某ウェブ小説投稿サイトだった。

活字中毒者の姉を持つ、活字に眠気を催す活字アレルギーの自分も大人になり少々の耐性はついていたらしい。

もちろん初めは読専。そのサイトでもフラリフラリと読み渡り、一人の作家さんに辿り着いた。それが、今の執筆パートナー。まさに運命の出会い。

パートナーとのドラマチックな出会いはここでは控えておこうと思う。

脱線するとキリがないから。

ともかく、小説をろくに読みもしなかった子供が大人になり、小説を書いている。もう書き始めてかれこれ七年も経つ。立派な趣味を得たもんだ。

そして、趣味はいつしか本気モードになり、来年には書籍化というところまでたどり着いた。素人なりにここまで来るとは。”継続は力なり” とはよく言ったもんだ。

半端じゃない年月を経てるとはいえ、夢中になれる趣味を持ち、パートナーと日々特訓といえるあらゆる執筆チャレンジに明け暮れ、執筆の勉強を独学とパートナーの補助から学び、作家として順調な歩みだった。

そして、ここまで来たからには漠然とした夢ではなく具体的な夢とし、これからも本気で作家を目指しあがいていこうと思う。

書籍化とはいえ、この文章を読めばお分かりのように、まだまだド素人。全然手探りで悩みまくりの日々。

悩みなんてものは結局自分で解決するしかないと、ずっと脳内消化していたのだけど。文章書きたい症候群が発病してしまった今、ブログを始めてみようかなと思った次第。

なので、ブログのタイトルを『さっかつ』にした。

……と思ったのだけど、風呂に入ってブログ記事を考えていると浮かんできた言葉。『しがない作家志願者のあがきとモガキ』

こっちに変更だな!

だって、こっちの方が内容に合っているもの。

ということで、この七年夢中で駆け抜けてきた作家活動を軸に、現在の心境や考え事なんかを綴っていこうと思う。

しがない作家志願者のあがきとモガキ